iPhoneのおかげで、本がサクサク読める。

 10年ほど前までは、本を虫のように読んでいた。

 それが、少しずつ読むのがつらくなってきていた。

 読書のスタイルは、テレビがついていての「ながら読書」

 さらに、寝込むまえの「布団の中」での読書など。

 それが、結構苦痛に感じるようになってきたのは、「老眼」

 それが、このiPhoneのおかげで、見事に解決する。

 バックライトからの活字のおかげで、難なく読める。

 他の「本」との比較や辞書との併用で読むなど、視力に

 あったところに、手で距離を調整できて「光源」不足もない

 クリアな活字が読める。

 週刊ダイヤモンドに、ドラッカーは北海道があついというような

 記事があったので、さっそく話題のドラッカーをiPhoneで読む。

 快適であります。

0601drucker.jpg

iPhone4でも読書が楽

 もう少し「電子出版」のジャンルが増えると、もっとたくさん本が読める

 これは革命ですね。

 本屋さんで、DL端末を置いて販売すると、実際の本と比べられていいかも。

 もしかしたら、「紙」ベースと電子ベースが同時に売れるかもです。

 何か「本屋さんDL」のオファーがあれば、強いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする