古いデジカメを引っ張りだしてみた!

発売と同時に購入したデジカメ「Cyber shot F505K」。それまでは、カシオの「QV-10」を持って営業トークにも使えた時代。画素数もまともに写真には耐えられなかった時代ですが、せいぜい4cm角くらいの印刷には耐えられたかな?

未来を語るには充分でした。「QV-10」は今で言う自撮りもできてすぐに撮影を確認。フィルムカメラにはない特技でした。

4年後に、Cyber shot F505Kがでて来たときはデジタル撮影になれていた時でしたのですぐに飛びつきました。

Cyber shot F505Kを引っ張り出して見る

99年モデルのデジカメ!2.1MEGA(210万画素)である。
実際。2005年くらいまでのWEBサイトの写真は、これで撮影していた。
画像ファイルの容量も小さいし、ソコソコ良く撮れるので不自由しなかった。

cyber-shot505-1.jpg

そのサイバーショットF505で撮影する前は、デジカメと言えば「CASIO」の35万
画素モデルで、デジカメの基礎的な撮影を学びショット数を稼いだが、何せ画質
が当時のWEBサイトの商品写真にもなかなか使うのをためらうほど。

フイルムカメラで、撮影しては、30分現像などに持ち込んでプリントをしたり、
コダックのコダクローム64などのポジフイルムを、スキャナで読んでWEBを作っ
ていた。

そこに、200万画素オーバーのデジカメが登場した。独特のアングルで撮影できる
スタイルにも惚れた。カールツアイスのレンズも羨望の的だったと思う。なによ
り、長く使えた理由は、画素数が少ないながらF2.8という開放値の明るいレンズ
だったからだ。

cyber-shot505-2.jpg

難点といえば、野外で撮影しようとすると、小さな液晶画面はまったく用を足
さない、どちらかというと「室内」専用モデルといってもいいだろうと思う。
さらに、液晶の色の解像度が撮影シーンを再現しないので、勘と慣れが必要。
そして、マクロなどで撮影しようとすると、ピントが合ってるサインの緑ランプ
の、許容度が大きすぎるのか、ピンボケ写真を作りやすい。パソコンで確認して
「あれま~~!」っていう経験を沢山した。

今回は新旧SONYモデルとして、昨年、撮影ギミックでぼかしをコントロールでき
る邪道がとっても気にいってしまった、ミラーレス一眼「NEX-5」と比べてみた。

性能の差は明らかであるが、12年前のモデルとしては検討しているのではない
かと思う。手ぶれ補正などなくがっちりろ構えないとならないが、条件の小さな
幅の中では、十分の性能も感じてしまう。

カメラは、明るいレンズと基本性能で何とかなってしまい、最近の画素数競争
がはたして向かっていく方向がいいのかと思う。1000万画素以下で、でかいCCDで
明るいレンズを使った、コンデジがあれば十分なのかも・・・。

cyber-shot505-3.jpg

SONY DSC-F505を使った写真はきっと今でも一番多いだろう。

もう少し大きなサイズの表示で大丈夫であるが、回線によるWEBの表示能力が
劣っていたので、ファイルサイズを抑えるのが当たり前だったように思う。

私がいつもカバンに忍ばせてあるLUMIXをこのF505で撮影してみた。

「こんなもんでしょう」という印象だが、12年前のモデルとなると、きっとこ
れだけ、綺麗な撮影シーンを残せるモデルはいくつもなかったと思う。

cyber-shot505-6.jpg

Cyber-shot DSC-F505Kで撮ってPhotoshop で彩度を調整したのと「Webで保存」
にして軽くしているくらいである。(サイズは変更している)

cyber-shot505-5.jpg

本当は、ボケ味もいいレンズなのですが、腕が伴わない(-_-;)

cyber-shot505-7.jpg

このLX-2もなかなかイイカメラですが、Cyber-shot DSC-F505Kで撮ると、あっ
さりした色のりで、好き嫌いがあるかも?LX-2はガッチッとした色彩ですね。そ
れでも、この時代の再現力としては合格!ですね。

cyber-shot505-4.jpg

カメラの性能が上がった分、PCなどのスペックも上がり、インターネット環境
も常時接続があたりまえ、どこもまで行くのでしょうか。楽しみが増えるばかり
です。