キャンセルで節約する、宿泊予約の新しいサービスの形

宿泊予約の権利売買サービスのConsell(キャンセル)というサイト

よく経験することではないでしょうか?

仕事の都合がつかないで、学会などに出られなくなったとか、子供が急に熱をだして計画していた家族旅行に行けなくなったとか。
直前になって取りやめる事って意外と多いです。
事前予約でキャンセルが不可のものや宿泊の約款で100%返金のない場合など、せっかくのお金の価値が無駄なものになってしまいます。

一方、急な出張が決まり急いでホテルを探したけど、会社の規定に価格があわなかったり、満室で予約が取れないことも。
また、子供の学校などの休みと合わせて、旅行に行こうと会社から有給をとったけど宿泊先が見つからないなど。
宿泊先が入らなくなった人と宿泊先を探している人が交換するようにできれば、お互いメリットがあります。

これを個人的にしようとすると、宿泊者の名義を変更する交渉など、慣れない交渉を宿泊先としなければなりません。

もし、面倒な手間が省けて双方が節約できる仕組みがあれば・・・・
それを実現したのが、今までなかった新サービスです。

出張や家族旅行に行くとき宿泊予約はつきものなんですが・・・

・宿泊先を探している人

・安く宿泊先に泊まりたい人

・宿泊施設のキャンセル待ちをしている人

・宿泊予約したけど行けなくなってしまった人

・キャンセル料の支払いに悩んでいる人

インターネット予約などの普及によりホテルの早期の予約が増える傾向で、それにともなってキャンセル率も高くなっているようです。
なぜなら、ゴールデンウィークやお盆、こどもの夏休みや冬休みなどは、2ヶ月前に予約しても遅いぐらい早期の予約が当たり前になっています。

オークションサイトでは、早期(6ヶ月前など)に予約しておいて1ヶ月前くらいから出品されることもありますが、宿泊先との連絡など煩わしさがのこります。

格安感と節約感をお互いに共有

そこで、こんな視点で考えてみると「節約」にお互いができるようになる。

  1. キャンセル料の掛かる宿泊予約の権利をサイトにお願いして販売できて入金の心配がない安全感。
  2. 宿泊予約をする際に、予定を入れておけるので、このサイトがあるので、最悪売れば良いよねという安心感。
  3. ホテルや旅館にキャンセル料を払う前に、まずは出品してみることで、失うはずのお金が全額失わずにすむお得感
  4. 目的のホテルのキャンセル待ちをしている人も、まずこのサイトを見てみると、泊まりたかったホテルが出品されていることもある先取り感。
  5. 普段高くて泊まれない憧れのホテルが、もしかしたら安く出てくることもある格安感。

「よくある質問」には、

譲渡及び出品者への入金の流れがはっきりと書いてあるので安心で手間入らず。

Q&A

                よくある質問

今後、ホテルの予約サイトは、早期予約がどんどん早める傾向にあります。
この人気のホテルが割引でお得に【Cansell(キャンセル)】 というサイトを知っておくことで、お金の価値を最大限に高めて次に使う節約になります。

もしかしたら、今までキャンセル料を100%支払っていた。

もう、解決できます。

このマークが目印です。

 今なら間に合う!


海外格安航空券ena(イーナ)