時として誰も想像しないような人物が想像できない偉業を成し遂げる

数学者アラン・チューリングの実話、イミテーション・ゲームを見た。

huluにログインしていたら、オススメのなかに

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』という映画の話題作があった。

第二次世界大戦中、イギリス政府が敵対していたドイツの暗号を解読しようとする実際にあった話を映画化したものである。

ドイツの戦況を分析するために、通信を傍受。しかし、時として解読は進まない。

そんな時天才数学者が、ブレッチリー・パークにあるイギリスの暗号解読センターの暗号解読に加わって、今のコンピューターの基礎とも言える分析器を作り出す。その人物こそ数学者「アラン・チューリング」である。

その機械の名は『クリストファー』

かつて若くして病に倒れた唯一の親友の名だった。

ナチスドイツの暗号機「エニグマ」は毎日定刻に通信されている。その傍受から解読に挑むチームを結成するが、多くの人員を使っても分析に至らない日々。

『クリストファー』にある言葉を入れると・・・。

ナチスドイツの次の攻撃が分析できた。しかし、イギリス政府はこの暗号解析を非公表としていた。ドイツに暗号の変更をさせないためである。

これにより、戦争の終結までの短縮及び人の命を数多く救ったと後生伝えられている。

彼がもし同性愛が認められる時代だったら

この暗号分析は、イギリス国内でもある一部の人間しか知らないプロジェクトであり、戦争が終結後、秘密裏に解散していた。

その後、アラン・チューリングは、その時の分析器『クリストファー』を自宅に持込一緒に過ごす。彼の愛情は、当時の恋い焦がれた友人と共に過ごす選択をしたのだろう。

ある日、アラン・チューリングの自宅に泥棒が入る。その捜査の段階で同性愛者だという事がわかってしまう。イギリス国民の多くを救った彼であったとしても、当時イギリスの法律では同性愛は違法であった。

服役かホルモン投与を選択をもとめられたので、仕事を続けるために投獄をさけた。

映画では、元妻であったジョーン・クラークが自宅を訪れる。かつて、親友クリストファーに言われ、そしてチューリングがクラークに告げた言葉。

今度は、クラークがチューリングに励ましの言葉」として告げる。

Sometime it’s the very people who no one imagine anything all who do the things no one can imagine

『時として誰も想像しないような人物が想像できない偉業を成し遂げる』

帰らぬ人となって60年・・・名誉の回復

エンドロールが流れる中で「もし・・・だったら」と思いを巡らせるストーリーだった。

1954年6月7日に自らの命を絶つ。それから、時が過ぎ2013年12月24日にエリザベス2世女王により正式な恩赦まで60年余りの歳月が必要だった。

国がその暗号解読が行われていたことが、すべて無かった事にしていたからだ。

同性愛が法律で認められる1967年までの13年間。たられば、チューリングが生きていれば名誉の回復も早まり、コンピューターの技術の発展にも大きく寄与したことだろう。

人工知能であるかないかを調べる方法に「Turing test(チューリングテスト)と呼ばれている。今話題になっている「シンギュラリティ(Singularity)」にある人間と機械が統合された文明によって超越するにつながっていくのであろう。

『時として誰も想像しないような人物が想像できない偉業を成し遂げる』

アマゾンのプライムビデオに『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』がラインナップされているのに気づいた。どちらでも見られたのね(^_-)-☆


ビジネスに置き換えることがあるとすれば、「目標達成を拒むモノはなんなのか?

ノウハウやビジネスチャンスが目の前に転がっていてもほとんどの人は行動しないがために
成功という結果を得ることができない。

表紙に書かれているように具体的で現実的な「8つの行動」をこの本では公開しています。