Pavilion Wave Desktop – 600のメモリ増設【分解1】

Windows PCなのに増設や交換は苦手

HP Pavilion Wave Desktop – 600-a072jpのメモリは8GBが本体に刺さっている。スロットは2つあるので、一枚追加するのは可能だろう。調べていくと16GB×2枚の増設の例もあるが、費用ともともとついているメモリの有効利用を考えると+8GBで充分だ。

上からみると三角おにぎりを想像する独特の三角錐スタイルは、インテリアとして置いていても絵になるのだが、すべてにハイスペックに見えて何かこれっという特徴が説明できない PCでもある。

スペックは、購入するとかの予定のある人以外は興味がないと思うが簡単にあげておく。

  • HP Pavilion Wave 600icon – 600-a072jp
  • 8GB PC4-17000 (2133MHz)とのスペック表でしたが、 DDR4-2400(PC4-19200) Samsung 2400MHz がついてました。
  • CPU:Intel(R) Core(TM) i7-6700T CPU @ 2.80GHz
  • HDD:TOSHIBA- 2TB
  • SSD :SAMSUNG MZVPW128HEGM-000H1(SM961) – 128GB NVMe 交換するのですが、クローンをつくるところから難儀しました。

現在は、4KモニターとDisplayケーブルでつないでいます。

メモリ交換も普通のデスクトップPCに比べて行程が多い

画像処理などをしていると、なにかとメモリが足りなくなっていた。少しでも改善できればというのと、もう一つの目的「SSD」までの分解のアクセス状態を見るのにちょうどいい。

メモリの増設が、一つの工程、後日、NVMeタイプのSSD交換を一つの2工程にわけて作業する。

Pavilion Wave Desktop - 600

逆さまにし3つのゴム足をとるところから・・・

ゴム足のカバーを外すのにドライバーを使いましたが、キズなどを心配する場合はプラスチック製などのヘラでどうぞ!

Pavilion Wave Desktop600

ネジはゴム足がカバーとなって隠されています。ネジは(+)です。

3つのゴム足を外すと、プラスドライバーの出番です。この「HP Pavilion Wave Desktop – 600」はデスクトップPCとしては、難易度が高いのでここから丁寧な仕事が必要になります。引き返すのならこの辺です。

自己責任で分解や増設。交換などを楽しんでください。このように、画像に残しているのも、自分自身への覚え書きの要素が強いです。

ドライバーのビットを合わせると+の3.5サイズがジャストでした。

ドライバーのビットを合わせると+の3.5サイズがジャストでした。

外装を取るには、コネクタを外します。難しくはないのですが形状がすべて違うので外し方と取り付け方に注意です。何度かこのようなコネクタ類に接していれば簡単ですが・・・。

これらのコネクタを外しておく。カバーを外すときの断線防止です。

これらのコネクタを外しておく。カバーを外すときの断線防止です。

この Pavilion Wave Desktop – 600の骨格を構成しているネジは、ヘックスローブ(HEX LOBE)であることがわかります。マイナスドライバーでも使える2WAYの変形タイプ。サイズを合わせてみるとヘックスローブ(HEX LOBE)規格の「T15」であることがわかります。

サンフラッグ ヘックスローブ・エイト No.260がL字方向にもビットを差し込めるので非常に使いやすいです。

HEX LOBE

HEX LOBEは、スマホ用など精密サイズと通常使うサイズもあると便利。

ファブリックに覆われた外装を取り除くには、少し手で広げて上に上げていくイメージです。

分解前ですが、本体を逆さまにして、左右を広げるようにします。

外装が取れたら、ここからは横向きにした方が作業がしやすいです。また、ヘックスローブがかったらドライバーの(ー)が代用できるかを確認したら、大きいサイズが使えました。

メモリはカバーに覆われている。

3本のネジを外して、カバーをスライドさせると、メモリが見えてきます。

マイナスドライバーで3本のネジを取り外しスライドさせます。

メモリの両端の白い固定フックを外に倒すようにします。このとき静電気でメモリを破壊しないように気を付けてください。

固定フックを開いて、少し下に押し下げるようにするとメモリが浮いてきます。

スロットが2つあります。16GB ×2枚までいけるようです。

ここで、スペック通りのDDR4-2400(PC4-19200)のメモリがついていました。

購入時の本体スペックをみるとPC4-17000 (2133MHz)ということでしたので、他のサイトで増設用のメモリを入手済み。

上位互換していたので、スペック上遅いメモリを取り付けることになります。

本体には、PC4-17000 (2133MHz)の上位互換のDDR4-2400(PC4-19200)がついてました。

今となっては本体のスペックでわかっていたとはいえ、DDR4-2400(PC4-19200)であれば時期にもよりますが、すでにPC4-17000 (2133MHz)よりも多少安かったはずです。私の作業では、スピードに対するアドバンテージは感じないレベルなのでいいのですが・・・。

本体に付属のDDR4-2400(PC4-19200)を奥にスロットへ、手前は購入したPC4-17000 (2133MHz)

手が入るスペースが少ないので、メモリの切り裂きと向きを確認して装着します。

白い固定フックは、メモリを止めているか確認して作業を終了します。

純正キーボード&マウスのレシーバーはこんなところに

元々使っていなかった純正キーボード&マウス

元々使っていなかった純正キーボード&マウス

キーボードは好きなモノを使っているので、この「 HP Pavilion Wave 600icon」についていた純正キーボードとマウスは使う機会がありません。これを機会に取り外しておきます。

戻すのは、分解作業の順番を逆に進めます。

SSDを交換は、レベル高!

このメモリ増設をしてみたのは、もう一つの目的があります。それは、次回「SAMSUNG MZVPW128HEGM-000H1(SM961) – 128GB 」NVMeの交換に挑戦するための下準備です。

メモリまでの本体アクセスは簡単でしたが、SSDはマザーボードについてます。この状態でそこまでアクセスするには、行程が多すぎます。Pavilion Wave Desktop – 600の本体をバラバラにするしかないようです。

実は、NVMeのSSDは、クローンソフトでバックアップ作業を同時にしていますが、色々なサイトを見ても「内部、NVMEはサポートしていません」と但し書きがあり外付ケースがなかなかありません。

やっと見つけたのが、下記の写真のNVMe Mkeyに対応するものです。レビューも全くなくほとんどが、「外付けケースがないのでOSのクローンはできない」との事でした。

あ NVMe M.2 to USB 3.1 Case を使ってクローンをつくります。

NVMe M.2 to USB 3.1 Case

『Pavilion Wave Desktop – 600【分解2】』につづく予定でいます。

Amazonのタイムセールでやすくなっていたので、Windows 10 のアップデートでビクビクしないですみそうです。本体についている128GBですとほとんど画像処理系のソフトを入れないで、データはDドライブに設定するも、ひっ迫するデータ管理はヒヤヒヤします。

大きなアップデートで、バックアップを自動で作り領域を確保されてので・・・。