買い物をするならポイントサイトを経由してお得に現金へ。

ネットショッピングをするなら、クレジットカードで

クレジットカードにはそれぞれ購入で得られるポイントが付いてくる。

さらに、楽天市場Yahoo!ショッピングなどの大手ショッピングモールで買い物をすれば、それぞれ独自のポイントが付与されている。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!ショッピングでお買いものするなら【YJカード】

特にショッピングモール発行のカードを持っていればお得にポイントをためることができる。(楽天カードなどは、2016年も8年連続 JCSI(日本版顧客満足度指数)1位に輝いている)

 

年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる

このように、インターネットショッピングに欠かせなくなったポイント制度です。今では、スーパーや百貨店などもポイント導入されていますが、このポイント

還元のルーツは、世界の航空会社のマイル還元にあるように思います。今では各アライアンスで共通化し、上級会員制度にまで利用されていまうす。

このように、ポイント制度は顧客を離さない・リピーターの確保などの利点がある反面、ポイントを使える範囲が少ないと初めから敬遠されるようにもなってき

ています。そのため、ポイントの移行ができるように変化をしてきました。

私なりにおすすめのカードは、いくつかあるのですが、今回はたくさんのそのようなカード比較サイトにおまかせしておくとして、意外に便利なカードをご紹介

します。

トヨタ車限定の「キャッシュバック 還元」に申し込んで節約

TS CUBIC CARD TS3

TOYOTA TS CUBIC CARD

自家用車購入に新車を現金一括で買うなら別ですが、大半はローン金利を含めて月々の支払い額を見定めて購入されると思います。

トヨタ車の限定ですが、お得な購入方法があります。

私の場合、トヨタクレジットを利用して「プリウス50系」を購入。

このローンと購入時に「TOYOTA TS CUBIC CARD」とひも付けして「キャッシュバック 還元」に申し込んでおきます。

その場合、

たとえば、計算しやすいように月々50,000円の車両支払いがあったとします。

今月の「TS CUBIC CARD」支払い額が「200,000円」の場合。

通常のカードのポイントは1.0倍ですので、2,000ポイント=2,000円の価値が生まれます。

キャッシュバック に申し込んでおくと、通常のポイント1.0倍が還元ポイントとして1.5倍になります。

(2,000円×1.5=3,000円)

無理にこのクレジットを使うのは本末転倒ですが、できるだけ毎月使う公共料金などを集約して普段使う金額を「TS CUBIC CARD」集約してみます。

月々50,000円の車両代-3,000円(還元ポイント1.5倍)=47,000円

と言うことで、ローン金利の節約にはなります。この制度は、自分の手元には現金として受け取る事はないですが、現金で毎月割引されているのと同じです。

また「TS CUBIC CARD」専用のポイントサイトがあるので、ここを経由して購入するとポイントの二重取りも可能になります。

このように、現金をだだ買うよりも、断然お得になるのがクレジットカードを含めたポイント制度です。

そこで、

貯めるポイントを効率よくするには

いろいろなショッピングサイトがあり、ここに直接アクセスして購入すると、それぞれのポイント制度やクーポンなどお得に買い物ができる。

これは、それぞれ自分のお好きなSHOPがあるように、買いやすいサイトをを見つけます。

そこの、ポイントをためているとか、が大きな理由になっている方も多いと思います。

また、そのサイトのクレジットカードを持っていてポイントをためやすいというのもあると思います。

ざっとお買い物がお得なショップの例を上げると、使っている人も多いかと思います。

楽天市場
Yahoo!ショッピング
無印良品
カタログ通販「ニッセンオンライン」
「くらしのまんなか」をコンセプト、ライフスタイルブランド<ベルメゾン デイズ>
ブックオフオンラインicon
ツタヤオンライン(TUTAYA)
イトーヨーカドーネット通販 など

ただそれだけでいいでしょうか?

もっとお得に、もっとポイントの活用ができる簡単なことがあります。

買い物の前に、ポイントサイトを経由します。

ただそれだけです。

あっけないですが、それだけなんです。

そして、現在のオススメは、たったひとつあります。

ハピタス に無料会員登録して経由するだけで


ポイントが貯まっていきます。

そこで貯まった「ポイント」はどうするか?

これだけあれば、お好きなものに交換

これだけあれば、お好きなものに交換

【現金】
都市銀行・地方銀行・ゆうちょ銀行・ネット銀行・信用金庫・農協など、金融機関コード(全銀協コード)が付与された各種金融機関へ

【電子マネー】
nanacoポイント、楽天Edy、WebMoney

たとえば、交換のレートや手数料などで目減りするのでは?と思っている人も多いようです。電子マネーへの交換もほとんどが等価交換です。

そこで、

【ギフト券】
iTunesギフトコード、Amazonギフト券、Google Play ギフトコード

を例に取ってみます。

交換手数料もかからずに交換

交換手数料もかからずに交換

そこで、私は交換してよく使っているのは「Amazonギフト券」に交換することが多いです。

Amazonで大きな買い物をするときに便利です。

Amazonで大きな買い物をするときに便利です。

という事で、ポイントサイトを経由する事で、お得に買い物をしてポイントを貯めてください。

時にはそれを「現金」に時には、お使いの「電子マネー」に還元して、豊かなライフスタイルをエンジョイするのも良いと思います。

日本最大級のポイントサイト【ECナビ】を使うのもよいでしょう

※クレジットカードを作るときもポイントサイトを経由すると思わぬポイント還元に出会えることもありますよ。