1人か2人で起業するときに。

起業当初には「余裕(企業収益確保)の時間」があります。しかし、それは幻想に過ぎないのでしょう。

起業した会社の実に、95%が10年以内に9倒産という数字が物語っています。そうならない答えを早く見つければいいのですが日々の忙しさで考えるヒマもありません。気づいてみると儲かっていなかった。

さて、起業から何十年も会社維持し成長している会社には、共通点があります。お金儲けの方法をしっかりと体型立てて理解しているということです。

24年前ほどになる。インターネットと言う言葉が、かすかにアメリカから聞こえ始めたころ。起業する準備をはじめていた。当時は、起業などしなくても会社員として雇われていた方が気楽という風潮もあった。

サラリーマン時代は、パッケージの生産とデザインに関わる仕事をしていた。

そんな時、デザイン関係の原書を見る機会があり読むことにした。と言っても図と表で構成されていたので、英語の苦手な私でも、大学時代に使っていた英和辞典を引きながらなんとか理解する。専門用語らしい単語も、事典と絵で乗り切っていた。

そこには、今では当たり前になっている「デザインの世界はDTP(Desktop publishingの略)デスクトップパブリッシングになっていく」というものだった。PC(パーソナル・コンピュータ)で編集し作った物を、直接プリンターで出力して出版(商品化)してしまうという内容だった。

起業をしてから、一冊のノートに将来の希望をできるかぎり書いてみた。まったく忘れていたノートが4・5年経ってから仕事の整理をしているとフト目に留まった。おそるおそる開いて見る。

あの時書いた夢のような世界は、すでに9割も達成できていた。

起業し事業を軌道に乗せるのに、多くのビジネス書を手に取った。しかしながら、フリーエージェント規模の独立指南書は、今ほどなかなか見当たらなかった。中小企業と言ってもすでに20人クラスで独立する話や大企業がやっていることのスモールプランなどは、多くあふれていたが、小さな会社のすべきな事を最初から的確に書かれているものは少なかった。

はじめの1~2年は、遠回りをしてしまう。ちょっとした起業経験者である先輩格の会社の社長の話を鵜呑みにしてしまう。それでも、私がなんとかやってこれたのは、現代ほどコストにうるさくない時代だっただけである。

運がよかったのである。一つだけ先見の明があったとしたら、デザインの今後の世界に関する英語の原書に巡り会った情報の先取りだった。

こんなデータがあるようです。

  1. 1年以内に60%が倒産

  2. 5年以内に80%が倒産

  3. 10年以内に95%が倒産

では、それでも生き残っている会社の共通点は何でしょうか。なかなか答えを書いてあるものには巡り会いません。

このなかで生き残っている会社なかで、かつ儲かっている会社は、当たり前になっている理由(ロジック)がありそうな気がします。起業後十何年以上も経ってから起業に関する本を読んで見ると多くの気づきがあります。

お金儲けの方法をしっかりと体型立てて理解しているということです。日本人にとっては、小さい頃から「みっともない」とさけるように教育されてきた分野なのかもしれません。

しかし、ビジネスのエリート教育を受けた人は、小さい頃からそれを自然に学ばされているのも事実です。

この時代、起業当初の「余裕(企業収益確保)の時間」は、明らかに少なくなっています。

その問いに答えてくれるビジネス書があるとすれば、この内容をオススメします。

私が手にした時は、上・下巻の二巻に別れていましたが、今は、一冊にまとめられてお求め安くなっているようです。

         ◆大富豪の起業術  (著者:マイケル・マスターソン) 

スポンサーリンク

フォローする