今、スマホランキングでiPhone6sが1位のワケ

iPhoneのバッテリー交換も安くなった

長く使ってもいいかな、と思える瞬間だった。

これ以上のスペックも付加機能も入らない。そんな印象を持っていたので「バッテリーの交換」の金額が、Appleの公式アナウンスで費用が安くなった。

iPhone6s A1633 米国AT&T版

iPhone6s A1633 米国AT&T版

そんな時に、中古ケータイ・スマホ専門サイトの「ムスビー 」を展開している株式会社ウェイブダッシュの2018年5月のスマホランキングiPhone6sが1位となっているんです。それも、4月に続いて2ヵ月連続です。

数年前に手に入れたiPhone 6s A1633 米国AT&T版のSIMフリーモデル。Macを使っているのでAppleIDの使い勝手のため、格安SIMを入れて運用していたのでこの記事が気になりました。

ちょっと驚きです。あれだけ新型iPhoneが発売されると、機種変更していた数年前の状況からずいぶん変わっています。世代からいうとiPhone7・iPhone8そしてiPhone Xとなり同時に高スペックになっています。古いiPhoneに価値があるとは思えないのですが、今使っていても不自由な場面は見当たりません。

Android端末もXperia XZ Premiumも持っていますが、カメラの撮影ではずっと画素数が落ちる iPhone6sの方が状況によってはキレイな写真が撮れたりします。画素数が多いだけでは、キレイな写真は撮れないという証明をしたと同時に、コンパクトカメラ市場の普及機を全滅に追いやりました。

ムスビー の5月のランキング表

ムスビーで2ヶ月連続でiPhone6sが1位になっています。(2018年5月ムスビー統計)

ここで気になるのがSIMロック解除できないキャリア版iPhone6です。

iPhoneをスマホ全体としてみると、iPhone3Gから何度か機種変更した身としては、このiPhone 6sはもう十分のスペックを持っているように感じています。

iPhone3G

懐かしのiPhone3G、すべてに新しかった。

iPhone 6sは、機能面からいうと成熟してしまったが、通信料金からみると違った見方ができそうです。

一つは、3つの大手キャリアau(KDDI)・docomo・SoftBankの購入端末の契約期間と通信料から、シンプルに格安SIMカードを使って、通信料金のみにして使用としている傾向なのかなと。

一度、縛りのあるキャリアのiPhoneは、端末の支払い完了ともに終了し、それと同時に通信代金を一度リセットすれば、格安SIMにのりかえることができる。また、MNPが利用できるタイミングもあるだろう。

iPhone 6は、SIMロックの解除の対象モデルではないが、使っていたキャリアの格安SIMカードをいれれば、そのままつかえる。

たとえば au(KDDI)のiPhone 6の本体の支払いが済めば、mineo Aプラン デュアルタイプ 1GB などを使えば通信料756円/月まで押さえることが出来たりする。音声プランを追加しても1,414円(税込)だけである。(通話料は別途)

そのため、auのiPhone 6は、 ムスビー の表にあるように、値段も非常に価格的にも性能的にもリーズナブル(スペックが現在でも充分使用可能)である。

さらに、格安SIMカード(MVNO)の扱いが多い、docomoのiPhone 6は、なんと2位になっている。それだけ、iPhoneのブランド価値が高いことがうかがわれる。

海外のプリペイドSIMカードを使うなら、iPhone 6sのSIMロックの解除モデル以上を。

iPhone 6sは、国内キャリアが一定の条件を付けてSIMロックの解除を認めた初めてのモデルです。それまでは、国内であれば、Appleストアで購入するとか、海外旅行へ行くついでにSIMフリーモデルを購入するのが一般的でした。

※ファクトリーロック解除とかゲタをSIMにはかせるなどの方法がありましたが・・・それは今回含めておりません。
もう一度 ムスビー の5月のランキング表を見ると、iPhone 6s国内盤SIMフリーモデルが3位に入っています。横向きの「⇒」は、先月(4月のランキング)と同じであることを表しています。
価格はキャリアSIMロックモデルよりも、2倍近くになるようですが、
  • 国内は MVNOの自分にとって便利な 格安SIMの通信会社を使い。
  • 海外へ行くときは、現地のプリペイドSIMカードを購入して格安な通信環境
国内と海外を同一のスマホを使いたいという人も多いかと思います。
国内MVNOを選ぶなら、最初の初期費用も節約しよう。

また、海外旅行へ行くなら、日本で海外のプリペイドSIMカードを用意しておく方法があります。たとえば、アジア方面へ一週間程度の旅行なら現地でSIMカードを買うよりずっとお得な場合があります。
ただし、アジア16カ国それ以外のアジアの国もあります。その例として渡航先で人気の高いベトナム・ホーチミンの場合。タンソンニャット国際空港で購入できますが、深夜便で到着やツアーでの参加などでは、実際購入できるか不安です。
さらに、プリペイドSIMカードの価格も気になるところです。それを解決するのが日本での購入です。この価格ホーチミンのタンソンニャット国際空港で購入するより安いかも知れません。スマホを渡すと設定から接続までしてくれるので、SIMカードの単体での比較はフェアではありませんが・・・。

何故、このSIMカードが「中古スマホランキングでiPhone6sが1位」という話に関係があるんだと不快に思った方も多いと思います。
その答えは。

日本で使っているキャリアの通信周波数と海外は違う

Xperiaのように、国際モデルを作っているスマホでさえ、国内のキャリアで使うものは、その専用モデルになっている場合があり、海外に持ち込むと通信が出来ない場合や速度が出ないなど不安定なことがある。

その点、iPhone は、最初から国際モデルとして作られているので、通信の適応範囲が広いことが利点だと思います。

そのエピソードを一つ。

ベトナムで、SIMカードを購入するのに並んでいたら、iPhone を持っている人は数分でSIMカードの交換が終了。他のスマホだと何分もかかっていた。当時私の持っていたXperia Z1のSIMロック解除モデルも例外ではなく、なかなか現地の周波数をつかまない。

せっかく、日本語表記なら混乱するからと、一応「設定」で英語の表記に渡しているにもかかわらず、である。

海外でもiPhoneシリーズが慣れていることもあるが、もっと大きなことは世界標準化に根ざした設計ということだと思う。

私の持っている、「iPhone 6s   A1633 AT&T版 SIMフリー」は、

LTE

対応する周波数帯が多い

表のように、日本国内は問題なくつかえるようです。(CDMA回線もつかえる)

実は、日本のキャリアモデルも負けてはいない。日本のiPhone 6sの発売時は A1688版ですので、米国でもauのようにCDMA回線を使うVerizonなどは「A1688」でした。

A1688

日本では、au・docomo・SoftBankに対応している。

最近のYmobileやUQmobileなど通信業者が現在もiPhone 6sを販売しているので、 A1688以外に A1633のモデルが存在するようです。

海外のエリアや4G以外の通信を考えると、日本の他のモデルよりもiPhone 6sのSIMフリーモデル(SIMロック解除モデル)が最適です。

海外のモデルを購入するときに注意が必要なのは、国内での使用を考えるなら「技適マーク」が付いているかです。それが無いとSIMカードもショップで入れてくれないことがあります。さらにメーカーが発表する不具合などがあった場合、日本国内では修理が出来ずに購入国の対応になる場合があるようです。

技適マーク

技適マークがあるかどうかで使い勝手は大きく変わる

私が持っているiPhone 6s  A1633 AT&T版SIMフリー に関しては、上記キャプチャーのように「技適マーク」が付いているので安心です。

このように、iPhone 6sが海外モデルも含めて価格的にも買いやすい価格になり、中古であっても信頼できるところで購入するとライフスタイルに合わせてお得感のあるスマホだと思います。

スマホランキングを見てでiPhone6sを見当するなら、20,000台以上のスマホ(白ロム)の在庫から比較検討が出来る「白ロム専門サイト/ムスビー 」のサイトを見る価値があります。

また、これだけ価格が下がり、Appleの開発者向けカンファレンス(WWDC 18)で、次期OSとなるiOS12がiPhone 5S(2013年)以上の対応を発表しているので、まだまだ現役でつかえることがわかりました。

今年の秋のiOS12リリース前には、iPhone 6sの価値が一段と評価されそうなので、今のうちに検討するのも良さそうです。バッテリー交換もAppleストアで約1/3の費用になっています。そう言う意味では、今格安SIM用とか海外渡航用などの用途としてiPhone 6sを手に入れておくのも悪くないと思います。

海外にiPhone をSIMロック解除して、最初に使う場合、日本国内でやっておいた方がいいことがあります。アクティベートをしておくと、海外SIMを取り替えるときや店で入れ替えてもらったときでも安心です。

海外 iPhone SIMロック解除 アクティベート」などの検索キーワードで調べて実行してから海外旅行へ出かけましょう。